そもそもダイエット!基礎から学ぼう体の仕組み

 

そもそも、正しい知識がなければかっこよく綺麗に健康に痩せることはできません。
そもそも痩せるには・・・と説教をするつもりはありませんが、間違ったダイエットはやめましょう。

 

当サイト、そもそもダイエットでは痩せる近道を紹介できたらと考えています。

 

 

筋トレによるダイエットの2つのポイント

 

 

ダイエットをするうえで重要になるには、体脂肪を燃焼させることです。
では、その体脂肪を燃焼させるために何をすべきでしょうか。

 

 

一般的に考えられているのは、食事制限をし、厚着をしてジョギングをするということだと思います。
そうした方法では、確かに一時的に体重は落ちますが、すぐにリバウンドしてしまいます。有酸素運動を行うことにより、筋肉も落ちてしまいます。筋肉は脂肪燃焼をつかさどる機能を果たしますので、筋肉の量を増やせば代謝もアップし、何もしていない間でも脂肪を燃焼します。

 

 

そこで、筋トレによるダイエットについて紹介します。

 

 

まず最初のポイントですが、まずが当然ですがトレーニングをしっかりと行うということです。
特に大きい筋肉を重点的に鍛えることで、体全体の筋肉量が増えますので、代謝がアップします。
大きい筋肉とは、下半身、背中、胸です。

 

 

下半身の筋肉は体の筋肉の70%以上を占めますので、確実に鍛えることをお勧めします。
「足を鍛えると太くなり、かっこ悪くなる」と思う方も多いと思います。

 

しかし、筋肉が太くなるには、かなりの高重量を扱う必要があるため、太くなるのを嫌う方は、軽めの重量で回数をこなすようにしましょう。
そうすることにより、引き締まった筋肉になり、トレーニングを開始する前よりも細く見えるようになります。
トレーニング種目としては、スクワット、レッグプレスを中心に行いましょう。また、ふくらはぎを鍛える場合には、カーフレイズというかかとを上げ下げするトレーニングを行いましょう。
頻度としては、週に1回で十分です。

 

 

次に背中のトレーニングです。

 

 

背中については広がりと厚みを出すトレーニングがあります。基本的なトレーニングとしては、ラットプルダウン、デッドリフトがあります。
女性にはデッドリフトは少し危険かもしれませんので、補助を付けたり軽い重量から始めましょう。
胸のトレーニングについてはベンチプレスを中心に行うことをおすすめします。

 

次のポイントとして、食事(栄養補給)が挙げられます。

 

 

筋トレだけしても筋肉はつきますが、適切な栄養を摂取することでより早く筋肉もつきますし、脂肪燃焼にも効果を発揮します。
まずはたんぱく質をしっかり摂取するようにしましょう。

 

 

1日の摂取カロリーの半分をたんぱく質で補えるようにするのが理想的です。たんぱく質は肉や魚んい多く含まれますが、食事だけでは不十分な場合には、プロテインを摂取して補うようにしましょう。

 

 

また炭水化物については、血糖値の上昇を緩やかにする炭水化物を摂取することで、余計な脂肪をつける心配がなくなります。具体的にはオートミール、そば、全粒粉パンなどを摂取し、真っ白な炭水化物を避ける工夫をしてみましょう。

 

 

決して炭水化物は完全にカットしないで、適量を摂取しましょう。脂質については、オリーブオイルやフィッシュオイルなどを使うようにし、サラダ油はなるべく避けるようにしましょう。

 

 

ダイエットに最適のサプリ→メタルマッスルHMB