体幹を整え、綺麗なバランスの良いくびれをつくる筋トレとは

女性なら誰でも、綺麗なバランスの良い身体のラインや、くびれに憧れがあると思います。

 

 

身体全体のバランスを良くするには、体幹を鍛えるのが一番効果的です。両手の平と両膝を床につけて、馬のような形になり、背中を丸めて、お腹を引っ込めます。イメージとしては、真上から引っ張られているようにします。今度は、反対に、背中とお腹が下から引っ張られるようなイメージでやります。この一連の動作をゆっくりと繰り返し、4回ずつするだけで大丈夫です。

 

 

今度は、馬の状態のまま、右手を前に、左足を後ろにまっすぐ伸ばし、10秒保ちます。この反対も同じようにやります。これを2セットします。そして、腕立て伏せをする体制になり、腕立て伏せをします。その時、お腹が下に出たり、お尻が上に突き出したりしないように、身体をまっすぐに保ちながら腕立てを20回します。この時点で、お腹は腹筋もしていないのに、起立した状態になると、姿勢が良く、お腹も少し引き締まります。

 

 

体幹が整えられるのです。ここまでは、バランスの良くなる、体幹インナーマッスルについての鍛え方になります。次に、腹筋です。まず、床に寝て、膝を三角にして、腹筋をするのですか、完全に起き上がらないで、背中を少し浮かす程度まで上げるようにします。その段階までにすると、余分な筋肉を使わない、腹筋に集中した筋トレになります。それを、50回程度やります。次に、横腹筋です。

 

 

運動を普段していない方にとっては、横の腹筋はかなりやりにくいかと思いますが、身体を横向きにして、両手を後頭部に組んで、真横に上がる位置まで上体を起こし、おろします。それを30回します。反対側も同じようにします。横腹筋は、かなりウエストのくびれを作る筋トレになります。ですので、脂肪の薄い方は、30回するだけで、お腹の少し横あたりに、筋肉のへこみが出ると思います。

 

 

今度は、うつ伏せになって、両手を重ねて、後頭部につけて、背筋をします。上がる位置まで上げて、下げます。この時、必ず手は、頭から離さないようにします。離してしまうと、腰だけの筋トレになってしまいます。頭に手をつけて背筋全体を使う筋トレになることで、背中の脂肪が取れます。背筋は、50回はしましょう。背中はもちろん、腰回りもスッキリします。腹筋をしたら、必ず、背筋もしましょう。

 

 

片方だけだと、身体に歪みが出てしまうので、必ず両方した方が良いです。